ホーム>泉州敷物通信>人工芝と天然芝の共存について
泉州敷物通信

人工芝と天然芝の共存について

こんにちはvirgo

今日は天然芝の補強用として人気の「セーフティターフ GM-25」をご紹介致しますconfident

この商品は生育期である春cherryblossom・夏sportsには天然芝が人工芝の間からしっかりと顔を出し、秋maple、冬snowの寒い時期には人工芝が抜群にフォローしてくれますhappy01

天然芝と人工芝が共存できる理由はハニカム構造という特殊な形状の為なのです。

主に使用される場所として、ゴルフgolf場のティーグラウンド横や公園event、園庭などです。

 

下記の写真は「新東名静岡ぷらっとパーク」内にあるドッグランdogです。 

施工は約1年前に完了し、天然芝と人工芝が程良くマッチしておりますheart02

こちらの施設ではお食事noodleやお買い物が楽しめるだけでなく、

一緒に行動するワンちゃんもリフレッシュできるようにドッグランが有ります。

思い切り遊んだ後は、愛犬も一緒に入店できるカフェcakeも併設されております。

201732316354.JPG

201732316362.JPG

 

弊社では用途に応じたあらゆる人工芝をご用意しております。

ご質問・ご用命はホームページ内より承っております。

お気軽にお問い合わせ下さいませchick

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ssc-sensyu.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/78

ページ上部へ